マザーズ上場企業から有望株紹介


今回はマザーズから注目、有望小型株を紹介します。

 

おすすめ小型株第二弾!(マザーズ上場企業より抜粋)

前回に引き続き、おすすめ小型株の紹介になります。スクリーニングである程度ふるいにかけました。その後、独自の指標で残った数十社の個別企業情報を分析・リサーチしました。

結果、残ったのは下記4社、更にその中から1社選びましたので、ご紹介いたします。

 

先ずは4社紹介。

1)プロパティデータバンク
2)ユナイトアンドグロウ
3)AI CROSS
4)ジモティー

 

プロパティーDBさんについて

若干買い時を逃した感がありますが、まだまだ伸びるかもしれません。不動産管理クラウド。不動産業界って意外と昔ながらのアナログなところがあるんですよね。私自身も現在、不動産会社を通じて物件の売却を検討していますが、そのように感じる事が多かったです。情報処理、一元管理、効率化、情報共有・情報公開等、不動産業界には課題が山積みなんですね。これからが楽しみな企業です。

 

ユナイトアンドグロウさんについて

情報sys部門のタイムシェア(シェアード社員)をメインに急成長している企業です。確かにうちの会社でも情シス部門はお役所仕事的で自分達の領域の線引きをしっかりするイメージが強いです。(悪口ではありません。そこが課題なのかもしれません)自社社員がやるべきなのか?業務委託がいいのか?この部門は色々な企業が不満や疑問を抱えているのではないでしょうか。競合は多そうですが、独自のナレッジシェアや教育sys等、差別化を図っているようです。10期連続増収はすごいですね。今後も注目したい銘柄です。

 

AI CROSSさんについて

ビジネスチャットやSMS送受信サービスをメインにやっている企業です。リモートワークも追い風になっている感がありますね。この企業の良いところは民間企業と公共団体をお客様として持っている点です。私の経験上、景気が良い時は民間が好調、景気が悪い時は公共が好調、このようにお互い相互補完出来る、売上構造になりやすいです。また5Gによるサービス拡大も期待大ですね。起業して4年で上場というのは凄まじい勢いを感じます。一点、株価が爆発しない理由はBtoBである点です。正確にはBtoBtoCになるのかもしれませんが、外食産業や小売りと違い、大ヒット商品により株価が連日ストップ高となるような上昇は期待出来ないかもしれません。ですが、ゆっくり時間をかけてジリジリと上がるような気がしています。

 

ジモティーさんについて

今回取り上げた4社のうち最も知名度が高いのではないでしょうか。BtoCですしね。総PV数数億という巨大なインフラを持つ企業です。広告収入だけでも相当な売り上げに繋がるのではないでしょうか。地元密着という、現在の日本にとっての課題とマッチングする戦略に感じます。ただ、広告収入に頼るのは個人的には反対です。理由はGoogleの検索エンジンアルゴリズムやSEO評価は時代に合わせて変化します。広告単価も世の中の動きや広告費用をかける先がGoogleだけとは限りません。要は自社ではなく外部要因による、リスクがありますので、注意が必要です。急激にジモティの評価が下がる事は先ずないとは思いますが、当銘柄を保有する場合、業績の変化と理由をしっかり把握する事が重要かと思います。デジタル庁、地方創生等、日本の課題解決をけん引していただきたいですね。政治の動きとリンクするようなnewsに期待します。

 

以上、簡単ですが4社紹介しました。「小型株どっとこむ」ではこの中から1社選ぶとすると、令和初の上場企業「AI CROSS」になります。まだまだ、これからの企業なので上がったり、下がったりするかもしれませんが、数年先には化けているかもしれません。今後もこれらの企業に注目していきたいと思います。

 

 

わたし、ジモティー知ってる!
てか、友達使ってたし。
ジモティーの株買おうかなー。
みやび
みやび
こころ
こころ
ジモティーは今年の6月辺りで爆上げしたんだよ。
残念だけど、絶好の買い時は逃しちゃったな。でもまだまだ上がるかもしれないし、そうでないかもしれない。自分の考えとマッチするなら買ってもいいかもな。

 

なによー!何でもっと早く言わないのよー!
あんた、まさか隠してたの!?コノー、グリグリ。
みやび
みやび
こころ
こころ
ヒー、止めてくれよー。
リサーチが遅れただけで隠してたわけじゃないんだヨ。まー、まー、冷静になって考えてみてヨ。他にも有望株第一弾の記事もあるから参考にしてみてくれ。

 

有望株第一弾はこちら↓

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です