新型コロナ変異種出現により、リスクオフ傾向か?


ここ最近、新型コロナ関連のnewsが後を絶たない。中でも気になったのは、ファイザー製ワクチンの登場とイギリスで流行し始めた変異種の出現だ。

 

新型コロナの影響で株式投資市場はどうなる?

このような状況になると、正直先行き不透明→リスクオフへの流れが予想されます。

リスクオフとなると、中・小型株のような市場や外部環境の影響を受けやすい銘柄から、よりリスクの少ないGAFAMのような米国大型株やインデックスファンドに流れる傾向になるのではないだろうか。

 

どうすればいい?

しばらく我慢が必要になるかもしれません。中、小型株を売り、バンガードS&P500等、米国インデックスファンドに一時的に避難しておいた方が無難かもしれません。

外国株式インデックスファンドに強そうな証券会社はSBIと楽天だったかと思います。

今は無理をせず、安定しそうな銘柄やインデックスファンドに預けるのが最適解かもしれません。コロナにより特別予算として各国が自国通貨を刷りまくって借金をしているのを見ると国債も危うい気がします。

預貯金やタンス貯金はインフレリスクがありますので、ここはやはり弱気のGAFAM又は米国インデックスファンドでどっしり構えておくのが、吉となりそうな予感がしてきました。

 

安心出来る理由。。。

バンガードS&P500は毎年増配等、厳しい審査基準を突破した優良企業に絞り込んだインデックスファンドです。

世の中が大不況に陥ったとしても、このような社会インフラに不可欠な優良企業はそう簡単には傾きません。

新型コロナ、変異種、トランプ大統領の動きが予測不能となっており、先行きが見えません。見通しが立つまではあまり動き回らない方が良さそう。。。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です